脇の黒ずみが起こる原因とケアの方法

 
女性の脇脇の下の黒ずみで悩む女性が、意外に少なくありません。脇の下の黒ずみの原因は、カミソリで繰り返し処理をしていたり、体を洗う時に乱暴に擦りすぎたりしているせいだと言われます。

脇の下の皮膚はとてもデリケートなため、強い刺激を与えると、皮膚が刺激から肌を守ろうとして、自然と角質が厚くなっていきます。この、角質の厚さが原因となって、徐々に黒ずみが濃くなってきてしまいます。

これは脇の下に限ったことではなく、手や足など皮膚の厚い部分でも、長期間刺激を与え続けていると角質が厚くなってきて黒ずみの原因になります。特に、カミソリによるムダ毛の処理は、カミソリでムダ毛と一緒に皮膚を削り取ってしまうため、皮膚への刺激がかなり強くなります。

脱毛テープやワックスによる処理も、カミソリによる処理と同じで、はがす時にムダ毛と一緒に皮膚をはぎ取ってしまうので、黒ずみの原因になります。一番いいのは、エステサロンなどのプロによる脱毛処理です。

脇のメラニン色素沈着をケアする方法がある?


脇の下が黒ずんでいる人は、間違ったムダ毛の処理によって、肌に刺激を与えてしまい、メラニン色素による色素沈着が起こっている可能性が大きいようです。また、脇の下が乾燥していることによって、肌の摩擦が大きくなってメラニン色素が反応している可能性もあります。

このメラニン色素の沈着は、グリセリンカリ液やビーリング剤、美白化粧品などで徐々に改善していくことができます。グリセリンカリ液は固くなった角質を柔らかくして、保湿する効果があるので、黒ずみを薄くすることができます。

ピーリング剤は肌を1枚はがすような効果があるので、即効性があって短期間で効果を実感することができるようですが、皮膚を保護する効果がないため、一時的な解消になってしまいます。美白化粧品の場合、メラニンの生成を抑える作用があります。

しかし、いずれの場合もメラニン色素が反応してしまう原因を取り除かない限り、せっかく色を薄くしてももとに戻ってしまうので、脇毛の処理方法を見直したり、肌への刺激を軽減したりすることの方が根本的解消につながります。

脇の黒ずみに効くクリームが販売されてるらしい


脇の黒ずみの原因はいくつか考えられますが、一番大きなものは、摩擦による黒ずみです。ムダ毛の処理をカミソリでしていたり、体に密着した洋服をいつも着ていたりすると、脇の下に刺激が加わります。

皮膚は、その刺激から自らを守ろうとして、角質を厚くしていってしまいます。それに伴って、皮膚のメラニン色素が多く生成されて、黒い色素が沈着してしまうのです。

摩擦以外の原因としては、毛穴が詰まっていることによって黒く見えてしまったり、サイズの小さい下着でリンパの流れを止めてしまったりしていることも考えられます。脇の黒ずみをとるためには、その原因を取り除く必要があるので、カミソリによる脱毛をやめたり、サイズの合った服を着たりすることが大切です。

黒ずんでしまった脇には、これ以上刺激を与えないようにするほか、ビタミンCを多く摂取して肌のターンオーバーを正常化したり、コラーゲンを塗って肌を柔らかくしたりすると効果的です。脇の黒ずみをとるクリームを利用するのもいいでしょう。

最近では専用のクリームも市販されています。複数の会社から発売されていますが、だいたいどのメーカーのクリームもセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分と美白成分が配合されています。

参考サイト:http://脇の黒ずみをとる方法.net/